読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

迷える子羊の幸せへの道のり

迷える傷ついた子羊です( ´艸`)いろんな事があったけど、健康で長生きで仕事がある、そして住み慣れた日本で暮らせるのが幸せかなって思ってます。

くそみそな気分

生きることに疲れ果てた。友人に学校のことをはなすと、派遣などで不遇のめにあっていることもあるので、たいていの場合応援される、そこにやる気を見出そうとすると、くそ兄弟の友達はそういう、だけど現実どうするのか、何度学校に行くのか、数年前も同じことを言ったという地獄の底に引きずり込まれるような言葉が何度も何度もよみがえる。そうしたときに、首をくそ生体のインチキ野郎にひねられたグラグラが一気に戻ってくるのだ。

グラグラして、もうこれじゃあ無理だとさらに落ち込む。婚活で出会った変な人は看護師大変じゃないといわれ、興味本位でやりとりしていたら、そのネガティブな見方にすら引きずられそうになった。現にもう入学金を支払ったのだ。無効に変えれば、病気の統合失調症の配偶者がいるのだ、語学もままならないのにどうやって暮らしていくんだ?そしてこの年になるまで、結婚に合わせて間に合わせの職場にいた私に何の仕事があるというんだ?最悪結婚できなかったらどうやって死ぬまで食べていくんだ?そんな不安をわかってないくそ兄弟をめちゃめちゃに打ちのめしたいという暴力的な衝動が何度も起きる。そもそも首をこうした元凶である配偶者の暴力に怒りを覚える。適当に話をきく友人、私に生態をするめてきて、責任を逃れようとしているずるい女をせめてたたくなる。もう私は限界のふちにいて、そうそこから必死で戻ってきただけなんだ。だからそんな元気じゃなくてもいいんだよ。もう疲れたよ。何にもしたくないんだ本当は。みんなくそだ。